【予算3万円】一人暮らしで使う炊飯器を比較検討してみる【レビューがカス揃い】

新たに一人暮らしするにあたって必要なのが家電選び。

正直、一人暮らしの白物家電とか割となんでもいいのですが、唯一こだわりたいのが炊飯器です。

だって米だけはおいしいの食べたいんだもの。米うまければ米だけ無限に食ってられるもの。結果的に食費も浮くもの。お米食べろ!!!

ってことで、予算〜3万円で炊飯器を比較検討してみます。

炊飯器選びに必要な基礎知識

価格.com

炊飯器の基礎知識と炊飯器市場動向をまとめると…

  • IHは有名メーカーのローエンド〜ミドルレンジ機に多い。
  • 圧力IHはIHよりうまい。レビューも良さげ。ミドルレンジ〜ハイエンド
  • 数千円の安いやつ見ると大体マイコン
  • ガスは安い上にレビュー評価が良く、手入れも楽らしい

候補に上がった炊飯器

象印 極め炊き NW-JB10 31,600円

いきなり予算オーバーですが、象印の信頼性は高く、レビューも上々。

圧力IHで、保温時間が40時間おいしく保温できる機能も一人暮らしには魅力的。

象印 STAN. NW-SA10 32,076円

完全に見た目買いの機種。かっこいいけど、3万オーバーなのにIHなのはちょっと…

象印 極め炊き NP-BG10:22,180円

圧力IH、プラチナコート釜等、JB10に近いスペック。それでいて値段も安いので悪くなさそうな予感。

Panasonic おどり炊き SR-PA107:29,663円

SANYOを買収して『おどり炊き』を手に入れたパナソニックですが、〜3万円の製品は評判があまり良くない。

そんな中比較的評価が高いのがコレ。これは良さそうと思ったのですが、旧SANYOおどり炊きから乗り換えたユーザーの評価がいまいちで、これが現実なのかも…

日立 打込鉄釜 ふっくら御膳 RZ-YV100M:29,800円

日立は値下がりが激しく、2年ほど前のハイエンド機が安く買えたりします。これも3年近く前のもので、登場時は5万円以上していた模様。

現在の実家の炊飯器がそのパターンで購入したもので、それなりに満足しているので信頼もあります。

タイガー 炊きたて JPC-A102:26,228円

タイガーも値落ち激しいメーカーで、登場から8ヶ月のこのモデルがほぼ半額に。

評価は可もなし不可もなし…?

リンナイ こがまる RR-055GS 13A:10,871円

ガス炊飯器がすごいらしい

電気炊飯器からガスに買えた人がはみんな「高価な電気炊飯器買うやつはメーカーのマーケティングに踊らされてるバカ」って言ってる。

土鍋までは行かずとも、なんかもう根本的に違うみたいです。その上圧倒的に安い。

実家はオール電化なのでガス炊飯器は使えないのですが、新居は使えるのでかなり気になります。

軽く調べた限りはメリットしか無くて、逆にデメリットが知りたい。

番外編:長谷園×siroca 全自動炊飯土鍋 かまどさん電気 SR-E111:69,800円

土鍋メーカーの長谷園が贈る、炊飯器並の手軽さで土鍋の味が楽しめる夢のような炊飯器。

電気炊飯器から買い換えた人がひっくり返るほどおいしいらしいので、味は間違いないっぽい。ただし、土鍋なのでお米はこびりつきやすいでしょうね。

数日前初めてこの商品を知ったときは86,000円ほどしていたのですが、今は69,800円と大幅に値下げされたのでちょっと無理して購入するのもアリかも。

炊飯器のレビューほどあてにならんもんは無い

価格.comやAmazonのレビューは基本参考程度にしていますが、炊飯器は特にあてにならん。

というのも、誰一人として炊きあがったごはんを現行他メーカーと比較していないからです。

ほとんどの人が、買う前に使っていた5年ほど前の旧世代モデルを比較対象にしています。

技術の進歩と買い替え前の炊飯器の劣化を考えたら、「そりゃあ何買っても美味しくなってるに決まってるだろ」と言いたくなってしまうわけです。

ということで、炊飯器に関する全てのレビューは意味の無いカスという結論に至ったので、ネットでの情報収集はほぼ意味が無いことが判明してしまいました。

どっか炊き上がったごはんの試食で炊飯器比較させてくれる電気屋無いのかな…無いよな…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です