ぼくが新居を見つけ出した方法【SUUM◯もH◯MESも信用できない】

時期が時期なのか、TwitterのTLにおうち探しで悩んでいる人が増えてきたような気がします。

でも、特に都心って部屋見つからなくないですか?自分は部屋探し中「SUUM◯もH◯MESもおとり物件ばっか!!信用できねえ!!◯ね!!」と叫んでいました。

しかし、ちょっと工夫したら割とすんなり見つかったので、自分がやった方法を紹介してみます。

最初にやってたおうち探し(失敗)

  1. SUUMO、HOME’Sなどで条件に合う部屋を探す
  2. お問い合わせをする
  3. 「ご案内しますので日時指定の上店舗までお越しください」と言われる
  4. ↑この時点ですでに無い(契約済みorおとり)、利益の高い自社管理物件を押し付けられる

自分は3の時点で疑っていたので、来店直前に電話して確かめたらやっぱり無くて、腹たったので来店キャンセルしました。

多分この手順でやると、同じことの繰り返しになっていたかと思います。

お部屋が見つかったお部屋探し

  1. Nifmoアプリで新居の条件指定して検索
  2. アプリから新着物件の通知が来る
  3. 興味あるものをひたすらYeah!のLINEに送って空室確認
  4. 先行申込み可の物件なら内見・申込
  5. 審査通過後、家に納得すれば契約

いろいろワード詰め込みすぎたので詳しく解説していきます。

1.NIFTYアプリで条件指定して検索

NIFTY賃貸アプリは、SUUMOやHOME’Sなどの不動産サイトをまとめてチェックできるアプリ。

旅行サイトで言うところのトリバゴをイメージしてもらえばいいかと思います。

1−1 アプリダウンロード

賃貸物件検索 ニフティ不動産

賃貸物件検索 ニフティ不動産

NIFTY Corporation無料posted withアプリーチ

1−2 探す物件の条件指定

右下の検索ボタンを押して

最寄り駅や間取りなどを指定して「検索する」をタップすると条件に合う物件が表示されます。

2.興味あるものをひたすらYeah!のLINEに送って空室確認

Yeah!は希望の物件を扱う仲介業者の中から、手数料の安い業者を紹介してくれるサービス。

利用は完全無料で、LINEで友達登録すれば即利用可能です。

NIFTYアプリで新着物件通知が来たら、とりあえず共有ボタンを押してLINEで「空室状況確認希望」と伝えましょう。スピードが命です。

Yeah!サイト

共有ボタンを押した後、LINEを選択して送りつけます

3.空室確認・内見・申込み

NIFTYアプリ掲載のものでも契約済みや不動産データベースに無いおとり物件は多いですが、スピード勝負すればちょいちょいみつかります。

申込み可能物件なら、内見のち申し込みになります(内見しなくても申し込みできますが)

申し込み希望の旨をLINEで伝えると、申込み用紙をPDFで送ってもらえるので、記入して返送しましょう。

原則、申込み後の他物件案内、キャンセル不可となっていますが、まぁ他の希望物件が通ってしまったパターンなどはよくあるので、そういう場合は仕方ないでしょう。

実際の会話はこんな感じでした。

4.審査通過後、家に納得すれば契約

申し込み後、一番手ならすぐに審査に入ります。

この後は、保証会社による本人確認の電話、審査通過後に初期費用振込、契約書送付と、一般の賃貸契約と同じ手順になります。

上記手順は、Yeah!から案内があるので、それに従えばOK。

知り合いに不動産関係者がいれば手伝ってもらうのもアリ

契約可能な物件は、不動産関係者のみが見られるデータベースサイトである程度確認ができます。

もちろんデータベースにあっても先着申込者がいる場合はありますが、不動産関係者にデータベースを確認してもらえばある程度回避することが可能です。

で、不動産関係者の知り合いがいない場合に、代わりにこれをやってくれるのが「Yeah!」ということですね。

ただ、申込みは原則一度のみなど制約はあるので、その辺は工夫して使いましょう(とりあえず空室状況だけ聞いてみて後は自分でどうするか考えるとか)


競争率の高い都心は物件争奪戦が激しく、SUUMOなどのネット情報に頼っているとマジで人間不信に陥ります(でも地方の人はそうするしか無いよね)

少なくとも自分は、この方法でかなり効率的に家を探せたので、物件探しで消耗している人は一度お試しください(悪徳詐欺師並仲介業者を許すな)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です