新型iPad Pro 11動画再生レビュー!画質・スピーカー音質は文句ナシだが問題点も…

新型iPad Pro 11 2018を買ってからというものの、暇さえあればずっとiPad Pro触ってる私です、こんにちは。

iPad Proを買った大きな理由はもちろん…

アニメを見ること!!!

自室には大画面のテレビもありますが、これから寒くなる季節はお布団の中で手軽にアニメを見れるデバイスが欲しいもの。

という訳で、進化した(してるよね?)新型iPad Pro 11の動画再生性能レビューをしていきます。

2018年型の新型iPad Pro 11を発売日購入してきました。 Twitterでは先に購入報告をしたのですが、意外に多かった反応が「その10万円の板、何に使うの?」という

動画再生用としての新型iPad Pro 11の画質

新型iPad ProのLiquid Retinaディスプレイはいいぞ

明るく高精細なLiquid Retinaディスプレイは発色も含め文句ナシ。

画像ではわかりにくいですが参考程度に、自分が普段使っているXperia XZ Premiumと比較。
全体的な色の再現度の他、影の部分がXperiaでは黒一色に潰れている一方で、iPad Proでは細かく再現されています。HDRがかかったような感じというとわかりやすいでしょうか。

True Toneで環境に応じて色味を調節してくれるため、暗い部屋で画面輝度を落としても綺麗な発色の映像を見られるのも嬉しいところ。

新型iPad Pro 11は16:9の動画再生をすると10.7インチ。

iPad Pro 11はその名の通り11インチですが、アスペクト比が〜のため、動画コンテンツで主流の16:9を再生すると上下に黒い部分ができます。

そのため動画の表示領域としては10.7インチと、11インチよりも小さいサイズになります。

お布団で動画を見るサイズとしては大きすぎずちょうどいいですが、迫力を求める人は一回り大きい12.9インチの方がいいかも。

注意:YouTube以外の動画サービスのアプリはほとんど新型iPad Proのアス比に非対応

新型iPad Pro 11は従来のアスペクト比(4:3)から4.3:3に変更になっており、それに伴い一部アプリでは左右に余白ができてしまう現象が発生しています。

自分はYouTubeの他、Amazonプライム・ビデオ、dアニメ、U-NEXTなど利用していますが、YouTube以外はすべてで新型iPad Proのアスペクト比に非対応。

そもそものアプリ表示領域が左右で狭くなってしまう上、その表示領域の中で16:9の動画を表示させるためさらに上下にも余白ができてしまい、実際に動画が表示されるのは9.25インチと非常に小さくなってしまいます。

今後対応されるとは思いますが、現状これらのサービスで動画を見るにはこのサイズで我慢するしかなさそう。対応されるまでの間つらい……

立体感ある音場がイイ!新型iPad Pro 11はスピーカーの音質もいい感じ

本体両側に配置されたステレオスピーカーは、立体感と解像度が高くていい感じ。

立体感というと、それぞれの音が適切な場所から聞こえてくるといったイメージで、例えばメインの2人が話してる場面で、遠くから駆け寄ってくる人に足音は遠くから聞こえてくるような感じ。

音の解像度が高いというのは、それぞれの音がかたまりにならず独立して聞こえるようなイメージです。

低音の量感は必要十分ではあるけどもう少し欲しい

モバイル端末のスピーカーでは低音のボリュームが足りないのはどれもそうですが、iPad Proのスピーカーはアニメなどの動画を見るには必要最低限は出てる印象。(ただし低音のボリュームを得るには音量を挙げる必要あり)

ただ、ライブ映像や音楽を聴くためのスピーカーとしてはもう少し欲しいなあ…と欲張りたくなってしまうところ。

とはいえ、タブレット端末としてはかなり健闘しているのは間違いないと思います。全く出ていないわけではないので、イコライザーアプリなど使えば改善されるかもしれませんね。

手で持って動画を見る場合にはiPad Pro本体スピーカーが隠れないよう注意

音量も音質の十分の新型iPad Proのスピーカーですが、手で持ってみる場合にはスピーカーが隠れないように注意が必要。

下側の角を手のひらに、背面を人差し指で支える持ち方だと画面もスピーカーも隠す必要が無く、手も疲れにくいのでおすすめです。

iPad Pro 11は動画鑑賞には十分な性能、でもできれば12.9インチが欲しい…

まとめになりますが、新型iPad Pro 11は動画鑑賞において画質も音質も十分。特に音質はタブレット端末としては中々いいせん行っているのではないかと思います。

ただ、画面サイズ的にはできればもう少し迫力のある12.9インチで見たいという思いも。筐体サイズが大きいぶん、スピーカーも11インチモデルより多少いいかもしれません(比較はしていないので推測の領域ですが)

ただ、従来モデルと比べると全体的に向上しているのは間違いなく、無印iPadと迷っている人などにも動画鑑賞の性能面でiPad Proを選ぶ理由はあるとおすすめできます。

今だけ!ビックカメラでiPad Proを買うと96,984円→77,587円に

12月4日より、PayPay決済で代金の2割引がキャッシュバックされ約2万円引きで買えるようになりました。

予算が無くなり次第終了になるため、購入はお早めに!キャンペーンの詳細は以下より。

2019新型iPad Pro 11で動画鑑賞がしやすいケースはこれ!

新型iPad Pro 11で動画を見るなら3つ折りスタンド機能はもちろん、Apple Pencilも使いやすい純正クオリティのZtotop製ケースがおすすめです。

このケースのおすすめポイント
  • Apple Pencilが充電できる(高価な純正以外では現状他にほとんど無い)
  • スタンド機能・オートスリープなどもしっかり対応
  • 冷蔵庫に貼れる
  • 側面とカメラ部分は完全保護じゃないので、外で落とす可能性のある人は保護性能重視のモノがおすすめ

純正Smart Folioと同じ機能を持ちつつも、2,599円の低価格は間違いなくベストバイです。購入は以下より。

以下でこのケースの詳細レビューもしています。

新型iPad Pro 11と第2世代Apple Pencilを購入して2週間。 Appleの陰謀により、市場に出回っているサードパーティ製ケースのほとんどがApple Pen

こちらもおすすめ

2018年型の新型iPad Pro 11を発売日購入してきました。 Twitterでは先に購入報告をしたのですが、意外に多かった反応が「その10万円の板、何に使うの?」という
Twitterではここ2日ぐらいもう本当にずっとiPad Proの話しかしていないのですが、iPad Proを買いました。 いや、本当にiPad Proはイイ。 ところ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です