寝る前の2分やるだけで「つらい」が少しだけ楽になる方法

この世界って理不尽でつらいこと多すぎやしないですか…?

  • 頑張ってるのになんでわかってくれないの
  • 当事者でも無いのに知ったような口聞きやがって
  • なんでお前のために自分が苦労しなきゃいけないんだ

みたいな。挙げだしたらキリ無いけど。

なんか昨日のTLにつらそうな人がたくさんいて、あーつらいの本当につらそうだなって(語彙力)

自分も一時期本当に理不尽でつらい時期があり、その時にやっていたことを昨日Twitterに投下したらそれなりに反応をいただけたので、ブログにも残しておきます。

嫌なことは物理的に抹殺しろ

悩みというものは目には見えないものですが、やっぱり物理攻撃というものは効くので、目に見える形にして残虐に破壊してやりましょう。

方法

  1. 嫌なことを適当な紙に書き殴る。
    つらかったことを頭の中で再生して、できるだけ具体的に書き殴りましょう。
    対象の人物がいる場合はガンガン書きましょう。○ね!氏ねじゃなくて○ね!とか書いてオッケーです。
    あなたは悪くないので、全部人のせいにして全て書き出しましょう。
    ↑こんな感じに。つらかった時を思い出してやったら、思いの外グロ画像になったのでぼかしました。
  2. 破る、殴る、踏み潰す、刻む、燃やす。
    書いた紙を最大限の怒りを込めてメッタメタのギッタギタにしてやりましょう。思いつく限り残虐な方法でこの世から消し去りましょう。
    人の迷惑にならない場所なら泣いても叫んでもオッケー。負の感情と共に抹殺してやりましょう。
  3. 寝る
    本当につらいときにこれをやると、恐らくちょっと疲れているのではないでしょうか。
    疲れにまかせて寝ましょう。気分も少しだけ軽くなっているかと思います。
    明日のことは明日考えましょう。自分が楽になるために行動したあなたはめちゃくちゃえらいです。

マクドナルド創業者がやってたことをもっと残虐にした

レイ・クロックという人がいます。マクドナルドを創業した人ですが、似たようなことをやっていたようです。

レイ・クロック式安眠術

  1. 頭の中に予定で埋まっている黒板をイメージ
  2. 黒板を消し去ってくイメージ
  3. 首の後ろから肩、背中、腕、足、指先まで「リラックス」が下がっていくイメージをする

なんだか頭の中でやると疲れそうなので、本能のまま手を動かしたらさらにいいんじゃないかなあというのが持論。

物理攻撃は強い。根拠は無いけど、自分はこっちのほうが効果的でした。

つらいのは良くない。逃げてでも楽になろ。

つらいことがあると、夜もまともに寝られなくなったりするものですが、今回紹介したことをやるだけで少しだけすっきりした気分でお布団に入れます。

もちろん、個人差もあると思いますが、自分は楽になったので、もしつらい人がいたら試しにやってみてください。

つらいときって、紙とペンを用意することすらめんどくさいと思いますが、そんな状況の中でつらさを乗り切るために行動できたらめちゃくちゃえらいです。本当に。

実際につらさから開放されるかは個人差もありそうですが、少しでも気分が軽くなればなあと思います。つらいの本当に心身ともに良くないし、もう本当につらいので。

ちなみにこの方法は気休めでしか無いので、少し気分がよくなったら根本的につらいから逃れる方法を考えましょう。

我慢して耐えてつらいの続けてもメリット無いので。もうよく頑張ったのでそろそろやめましょう。頑張りすぎは良くない。

人によっては割とリスクある選択になるかもしれませんが、まぁなんとかなります。

特に人間関係の悩みは、その関係切るだけで済んだりするので切りましょう。(経験者)

つらい人が少しでもつらく無くなればいいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です