ド迫力の4K・HDRでオタク生活が加速する。ソニー・ブラビア49X9000Eレビュー。

もっと推しを全力で感じたくはないか…?

私は一度感じてしまったらその沼から抜け出せなくなってしまいました。

というのも、最近知人の家で55インチの4KテレビでYouTubeに上がってるデレステの4KMVを見てしまい、その感動が忘れられずに自宅にも4Kテレビをお迎え。

あの感動を知ってから2週間。毎日夜しか眠れぬ夜を過ごすほど思い悩み購入した49X9000Eのレビューをしていきたいと思います。

最近良く耳にする「4K」。テレビはもちろん、Xperiaなどの一部スマートフォンにも搭載されるようになっており、広がりを見せています。 少し前までは、画面が4Kでも対応するコ

購入の経緯:最初は予算6万円だった…

最初に目を着けたのは40インチ前後の4Kモニター

大画面の4KでデレステMVを見る悦びを知り、4Kコンテンツが楽しめる何かを買おうと即決。(Xperia XZ Premiumは持ってたけど5.5インチじゃ流石に迫力に欠けるので…)

そこで最初に目を着けたのが、43型が6万円程度で購入できる4Kモニターでした。この価格帯でも4K・HDR対応のものがあり一度は購入を決意。
しかし今回の目的(4Kで迫力のオタクコンテンツを楽しむ)ということを改めて考えた時、モニターだけだと目的を達成できないことに気づいてしまいもう少し機能の豊富なテレビを検討するに至りました。

というのも、PCモニターはあくまで映像を出力するためのもの。高画質を謳うテレビに搭載されているような4Kアップコンバートなどには対応しておらず、モニターだけを買ってもPCなどでアニメを見る場合はただのでかいFHD。
これではせっかくの4Kを活かしきれないため、モニターの購入を見送ったのです。(もちろんアプコンされた動画は純粋な4Kには及ばないことはわかってはいるものの、少しでも高画質で楽しみたい)

ちなみに、もし私がYouTubeなどもリアルタイムでアプコンしてくれるPS4 Proを持っていたとしたら以下のモデルを購入していたと思います。

というか、このモニターとPS4 Proを購入しても価格的にはほとんど変わらないためその方向でも良かったのですが、私がほとんどゲームをしないこと、また今回の目的を考えると液晶の質などを考慮してもテレビに軍配があがりそうだったため、テレビを検討することにしました。

尚、4Kモニター検討時のモデル比較記事は以下より。

40インチ周辺の4Kテレビを検討

多くの4Kテレビがアプコン機能を備えていること、また価格も4Kモニターとは大きく変わらないため機能面なども考慮しテレビの中で検討していく方向にしました。

性能や実際に見た印象の比較は以下の記事でまとめているので割愛しますが、予算8万円で始まったテレビ探しも実際に見て価格と比例して画質も良くなっていくのを見てしまうとどうしても下位機種では我慢できず…
結局価格.com最安値でも13万円を超えるソニーのブラビア49X9000Eを購入するに至ってしまったのです。

正直なところ、サイズ的には40~43インチ周辺を希望していたのですが、そのサイズで今回購入したものと同等のグレードのモデルって存在しないんですよね。存在するのは1ランク下の43X8000Eのみ。これらは価格もお手頃ですが、9000Eシリーズと比べて画質や機能面で大きく劣っていたと感じたため候補から外れました。もし43X9000Eが存在していたら間違いなくそっちを購入していたのではないかと思いますが、やっぱり映像コンテンツが綺麗に見れるという点は譲れなかったためサイズを妥協して49インチにした次第です。

着弾・設置・デカイ。

でかい!!

7畳程度しかないワンルームに49インチ、しかもいつも使っているデスクに置くとなると大きい印象を受けることは覚悟の上でしたが、わかっていてもやっぱりでかい。
家電量販店の広いスペースで見ていると、49インチぐらいだと「言うて余裕やろw」って感じになってしまいついつい大きいサイズを選んでしまうんですよね。

今回はデスクに置くPCモニターを兼ねているのにこれ大丈夫か…?と、正直少し不安に…

不安を解消するため、一先ず実際にPCを繋いで表示してみることに。

お?悪くないぞ?(写真だけどよくわかんねえな)

49インチ4Kは単純に24.5インチFHDが4枚分。こんな感じでウィンドウ4つを表示するとかなりいい感じ。文字もちょうどいい大きさで表示され、作業しやすいです。これで不安も解消され、あとは肝心の4Kコンテンツがどれだけ綺麗に表示されるか。

4K動画は文句なしの高画質、もう部屋から出られない。

比較記事にも書きましたが、一応こちらにもこのモデルに決定した理由を箇条書きしておきます。

  • 4K・HDR対応(最低条件)
  • 直下型LED部分駆動(黒い部分がしっかり黒くなり、液晶特有の白ボケした感じになりにくい)
  • HDRリマスター(HDR映像じゃなくてもHDRの効果が得られるように頑張ってくれる)
  • 4Kアップコンバート(4Kじゃなくても頑張って4Kにしてくれる)
  • Android TVに対応してる(自分が主に使うYouTube、Amazon Prime、Abema TVが使える)
  • これらの恩恵か比較した中で一番好みの映像だった

まずはデレステ、こちらは4Kで録画された純粋な4Kです。

おおっ!

テレビ画面を写した写真ではこの迫力が伝わらないことは承知済みですが、とにかくすごい。

液晶でありながらも、黒い部分はしっかり黒く、しかし黒つぶれすることなく微妙な明暗もしっかり再現してくれています。これは直下型LEDやHDRリマスターの恩恵を大きく受けていそう。

ライブ会場の照明は眩しいほど明るく、本当に映像なのか?と思ってしまうほど。

色も鮮やか、しかし闇雲に再度を上げたかのように肌の色が黄ばむこともありません。(SHARPのU45シリーズなんかは彩度が高くて一見綺麗に見えてもこの肌の黄ばみや黒潰れが気になった)
ついでに動きもぬるぬるで言うことなしです。

こちらは4KにアップコンバートされたAmazon Primeの映像。

FHDですが、十分なめらかに表示されています。

ヘッドホン端子からのアナログ出力も高品質

これまではPCからLGのモニターに音声も一緒に出力し、そこからさらにヘッドホン端子を通じてスピーカー・サブウーファーに出力していました。

ブラビアも多少スピーカーは良くなっているとは言え、あくまでテレビのスピーカーというレベルは超えられていないと感じたためこれまで通りスピーカーに出力して使い始めたのですが、これまでよりも明らかに音質がいい。
具体的には、解像度が高まり、ボーカルの音域も聞きやすくなったような印象です。

音質面はもともとスピーカーは現在のものを使用する予定でそこまでしっかりスペックの比較はしていなかったのですが、スペックを確認してみると音をハイレゾ相当にアップコンバートするDSEEや高品質なデジタルアンプ、S-masterなどのウォークマンにも搭載されている技術が搭載されている模様。

音質の向上は気のせいではなさそうですね。これは嬉しい誤算でした。

総評:大満足・オタクライフはさらに上のステージへ。

なんやかんやと予算が跳ね上がってしまった今回の4K環境構築計画ですが、その分高画質、高音質で好きなコンテンツを消費できる環境を手に入れました。

13万円クラスのテレビは一見、高い印象を受けてしまいますが毎日のテレビ鑑賞がここまでハイレベルなものになればむしろ安いとも思えるくらいです。

特に映像美が求められるコンテンツが好きな人には絶対買った方がいいと言えるほど。みなさんも生活レベルが一気に上がる4Kテレビを買ってみてはいかがでしょうか。いかがでしょうかというか買え。オタクなら買え。後悔はしません。本当に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です