Car

新車購入時にディーラーの下取り価格を極限まで引き上げる3つのコツ。

更新日:

新車を買う時にいろんな情報を集めてるとよく、下取りよりも買取業者に出せ!!って言ってるサイト結構ありますよね。

確かに買取サイトは下取りより高くなることが多いのも事実。でも新車購入の時ってディーラーにもいろんな事情があったりして、「値引きは○○万円までできるんだけど、見積もり上は値引き額のうち××万円は下取りに上乗せ」ってことにしなきゃいけない場合があったりするんです。

つまり、大人の事情によって下取りの有無で本来引き出せるはずの値引きが引き出せなくなることがあるんですよね。そもそも下取り業者に出すと手間だし、新車との入れ替えが面倒だったり、場合によっては新車が納車されるまでの間は買取業者の代車生活を余儀なくされる場合もありベストな選択とは言えないのが正直なところ。

という感じで、やっぱりディーラーに下取り車を高く買い取ってもらえればそれに越したことはないんですよね。
どうすればディーラーから下取りを高く引き出せるのか、実体験とともに方法を紹介していきます。

下取り額を極限まで上げる手順

1.買取業車一括査定に出す

えっ、ディーラー下取りはどこいったのって反応が聞こえてきそうですが、とりあえず一括査定に出しましょう。話はそれからです。

だってこの人たちがディーラーの下取り価格を引き上げるお手伝いをしてくれるんですからね。上手に利用していきます。

車検証走行距離のメモをお手元に用意して情報を入れていきましょう。一括査定は以下より。

2.全業者同日同時刻に出張査定させる

めんどくさいことは1回で済ませちゃいましょう。わざわざ律儀に分ける必要なんてありません。たまに同日同時刻お断りの業者もいますが、来てから「どうしてもこの時間しかなくて被っちゃいました!すいません!」って言っておけば大丈夫です。それで査定拒否するならそのままさようなら。

言わずもがな、同時に現車確認させられた業者のみなさんはその場でどこよりも高値を出せるように頑張るしかないんですよ。みなさんお勤めご苦労様です。

ちなみに欲しい車の新古車、または競合車の新古車があればついでに見積もりをもらっておくとさらにGoodです。事前にお目当の車を伝えた上で、出張査定時に次の車の候補になりえる車種のできるだけ新車に近い在庫のものの見積もりを一緒に持ってきてもらいましょう。

3.ディーラーに行く

見積もり結果を持ってディーラーに行きましょう。あとは買取業車の査定、査定時に持ってきてもらった競合車の見積もりを携えて交渉に挑むだけです。

特に同じ車種の新古車と比べられたらディーラーとしては車のセールスポイントで逃げることができなくなりますからね。同じ車種(例えばガリバーのC-HRの新古車見積もりを持ってトヨタディーラーに行ってC-HRの見積もり作ってもらったり)で競わせると本当に価格でしか勝負できなくなります。

もちろんディーラーはいくら頑張っても新古車在庫より安く抑えることはかなり厳しいはずです。メンテナンスなどのディーラーでしか受けられない安心んおサポートと自分好みにオプションをつけられることなどを考慮し、「この価格なら新古車より高くても納得」というところにできるだけ近い価格を引き出しましょう。

まとめ

中古車一括査定という選択肢は以前に比べ一般的になってきたのかもしれませんが、必ずしも買い取り業者が有利とは限りません。

買い取り業者もディーラーもうまく使って、一番オトクに、そしてできれば車を購入するディーラーとも良好な関係が築けるような買い物ができればいいですね。

ミニバンの時代は終わった。これからは7人乗れる上質なSUV。

-Car
-,

Copyright© Unlimited Otaku Life , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.