htc J butterflyをS-OFFしてみる

ついにやってしまいました
自分用の備忘録も兼ねて詳しく手順を書いておきます

※この記事は端末の改造になる内容です。保障対象外のため使用は自己責任でお願いします。

0 PCでadbコマンドを使えるようにしておく

詳しいやり方はここ(Approid大好きさん)を参考に導入してください

1 superCID化(対策版 22222222)する

toolはHTC速報さんから

必要なもの
記事内の HTC_J_butterfly_rootkit_v1.1.zip
コメント欄にある Version 1.15.970.xでこれからSuperCID(22222222)にしたい人 のtool
(最初に記事内のtoolを使ってしまった人用は 既に11111111で、22222222に変えたい人のtool)

1-1 最初にコメント欄のこれからsuperCIDにしたい人用toolをダウンロード→解凍(rarなのでLhazや7zipなど必要)

1-2 htc J butterfly(以下Jb)を設定>開発者オプション>USBデバッグをオンにしてPCに接続

1-3 解凍した中にある runme-CID-1111-2222.bat を実行

最後の確認画面でこんな感じにでれば成功です
教室の隅でひっそりと-supercid

これでsuperCIDになりました

2 bootloaderをunlockする

2-1 ここはわかりやすくまとめてあるブログがあったのでそちらを参考に
マルカジリます。さん

2-2 hboot(設定>電源管理から高速起動のチェックを外す>シャットダウン>vol.↓+電源ボタン)を起動しこんな感じになってればおk(この時点ではS-OFFとなっているところはこの時点ではS-ONとなっています)
教室の隅でひっそりと-hboot

これでアンロックが完了しました

3 HTC速報さんのtoolでroot化・CWM導入する

3-1 最初に紹介したHTC速報さんの記事内のtool、HTC_J_butterfly_rootkit_v1.1.zipを解凍

3-2 Jbを起動しデバックモードでPCと接続

3-3 解凍したフォルダ内のrunme.batを実行

toolで表示される通りに進めておけばおk。

指示に従って進んでいくとSpoof-CID.batを実行してくださいと表示されますが
既にsuperCIDになっているのでこれは無視して起動せず何かキーを押して続けます

3-4 念のためこの時点で1度バックアップ

hboot起動した後recoveryを選択でCWMが起動します
vol.+-と電源ボタンで操作できます

起動してsuperSUがインストールされていたら多分成功しています
確認のためroot必須アプリを起動するかコマンドプロントから

adb shell
su

で#が出るかで確認しておきましょう

4 S-OFFする

4-1 こちらの方法も別サイトから((
HTC速報さん

RUUはHTC速報さんのこのページから
PL99IMG_DLX_WLJ_JB_45_KDDI_JP_1.15.970.1_R_Radio_1.00.10.1127_3_NV_2.28_01C_release_signed.zipをダウンロード

既にsuperCIDになっているのでページ中盤の「superCIDにする」はスルーでおkです
さっきのhboot画面の用にS-OFFと表示されていたら成功、S-ONとなっている場合は失敗していますので手順を見直してやり直す必要があります

これでHTL21のS-OFFが完了しました
参考にさせていただいたサイト様、そしていろいろアドバイスくれた@scoty755氏、ありがとうございました。

これからX920d化してSIMフリー化したりsense5ROMを焼いてhtc J one(HTL22)風にしたりしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です